転職・退職

円満退職のために大切なこと確認しておきましょう

更新日:

退職願を出す前の相談をしましょう

転職をする時にお互いに気持ち良く終わりにすることで、務めてきた会社に対する礼儀を果たすことができます。

また、退職後にかつての会社の人たちと次の仕事上で接点ができる場合があります。

私が前職で務めていた時、転職をした後輩が取引先として、新しい上司を連れてあいさつに来たことがあります。

もちろん、円満退職でしたので快く取引をさせていただきましたが、もしこれがそうでない退職だった場合どうでしょうか?

かなり気まずい思いを双方ですることになりますよね?

円満退職が大切だと感じた貴重な体験でした。

 

では、円満退職をするために必要なことはどんなことでしょう?

下記は一般的な内容です。必ず就業規則を確認してください。

・退職届は当日には出さないこと
・2か月ほど前に直属の上司に退職の打診をするという形式をとること

間違えても同僚、ましてや社長や部長など(直属の上司であればOKです)に先に伝えないようにしてください。

直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。

決定事項とせず、あくまで相談をもちかける形で進めてください。

 

円満退職の為の退職理由はどうすればいいのか?

退職の理由は様々ですが、たとえその理由が会社内でのことでも、それを話すと円満退職にはならないことが多くあります。

可能な限り、個人的な理由で退職をするという形をとるのがいいでしょう。

個人的な理由での退職は、円満退職がしやすくなります。

もしかするとその理由が引きとめの材料になるかもしれませんが、円満退職を望むのであれば、不平や不満を伝えるのは極力避けてください。

多少言いたいこと、伝えたいことがあったとしても、実家の都合や、自分の希望など、周りが納得しやすい事情を理由にするのがいいでしょう。

円満退職のための待つ姿勢は大切です

直属の上司が退職の意向を受けた後、その上の役職の人たちと話を進めてくれます。

この時、円満退職の為には、気をつけなくてはならないことがあります。

正式な退職が決定するまでは、その話をしてはいけないという事です。同僚や先輩などにも話すことは控えましょう。

 

退職日を決める為のポイントとは

円満退職をするならば、退職日を決める際にも気を付けたいポイントがあります。 同じ業界に転職するときにはもちろんの事、仕事のつながりで、 転職前の会社の人たちと一緒に仕事をするということもよくあります。 ...

続きを見る

まとめ

円満退職は、今まで務めてきた会社への気遣いもありますが、今後の自分の活動を制限しないためにも大切なことになります。

退職するから、今まで思っていたことを伝えるということも、大切なことだと思いますが、今後の自分にとって大切な取捨選択をしてください。

 

実は退職後にお金がかかるのですが知っていましたか?

もしも、把握していないようでしたらチェックしてください。↓↓↓

退職後の税金の支払いとその手続き方法とは

退職後の税金についてどのくらい知っていますか?20代前半に離職した同僚がまとめて10万円以上の請求がきたと頭を抱えていたことを思い出します。 在職中は納付の手続きは基本的に会社側がしてくれています。給 ...

続きを見る

-転職・退職

Copyright© BizChang~失敗は成功の素~ , 2018 All Rights Reserved.