お仕事あるある 転職・退職

有給休暇5日間の取得義務化とは 2019年4月開始!

投稿日:

2018年6月29日の参院本会議にて「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」が可決されました。

その中にあったのが 有給休暇5日間の取得義務化 です。

働く側としても、この法改正をきちんと把握しておく必要があります。

どんな風に変わるのか、解説をします!

有給休暇5日間の取得義務化とは

 

出典:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(2018年6月29日議決)

今回成立した法案は、

すべての会社は、年間の有給休暇消化日数が5日未満の従業員に対して、

会社側から有給休暇を所得する日付を指定することが義務付るというものです。

有給休暇を取得したいと申請を躊躇していた人たちが、取得しやすくするというものになります。

 

いままで全く有給休暇をとれなかった人たちには、とてもいい法案ですね!

ですが、この対応策として、企業側もいろいろと考えています。

有給休暇5日間の取得義務化での企業側の対応策とは

企業側にも事情がいろいろとあります。

小さい企業であれば、従業員が有給を取得することそれ自体で企業活動が落ちたり、代わりの人員を手配するなど収益に直結することもあるからです。

その会社の従業員であるならば、可能な限り協力はしたいものです。

有給休暇を取得するための業務効率の改善などができれば、Win-Win ですね。

とはいえ、そんな都合の良い事例は少ない事だと思います。

想定される企業側の対策を知ることで今回の法案改正の恩恵をすこしでも受けられるようにしましょう。

 

想定される対策とは

企業では、年間休日などを設定していることがほとんどだと思います。

その中で「夏季休暇」「年末年始」「祝日」などを明確にしていない場合、

そこを計画的付与の対象日として対応することが可能になります。

 

まずは、所属している企業の年間休日表や、就業規則などを確認しましょう。

開始日である2019年4月1日よりも前に確認しておくことも大事なことです。

可能であれば、コピーをとるなど記録もとっておきましょう。

 

働き方改革法は 残業上限規制や高プロなども含まれています

今回の改正では、ほかにも残業時間の上限規制や高度プロフェッショナル制度など、

年収の高い一部の専門職を対象に労働時間規制の対象から外すという変更点もありました。

このことも順次解説記事をあげていきます。

 

いろいろと労働環境が改善されるような法案が通るほど、企業側でもいろいろな対策が取られます。

もともと働きやすい会社を見つけるのもとても大変なことです。

すこしでもやりがいがあって、働きやすい会社を見つけるためにいろいろと情報を集めておくことは

とても重要なことです。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-お仕事あるある, 転職・退職

Copyright© BizChang~失敗は成功の素~ , 2018 All Rights Reserved.