転職・退職

契約社員になりたい人はどうすればいいのか?

更新日:

契約社員になりたい!と思ったとき、どこで探せばいいのでしょうか?

大事にするポイントごとに媒体を使い分ければ、働きたい職場に出会える確率も高くなります。

知っているようで知らないこと、一度きちんと確認しておいてください。

 

 

契約社員の求人を探すには

ライフワークバランスが大切にされるようになった昨今、契約社員として働く人も多くなりました。

では、契約社員の求人を探すときはどこで探せばいいのでしょうか?

求人情報は

  • 新聞や雑誌などの求人広告欄
  • ネットの求人サイト
  • 求人情報誌

などで確認することができます。

そんなこと知っているよ!と思うかもしれませんが、

媒体によって得手不得手がある事はご存知ですか?

踏まえた上で情報を得ることは他の応募者との差を付けることになりますから

決して侮ってはいけないのです。

 

 

新聞や雑誌などの求人広告欄

新聞を定期購読している人は少ないと思いますが、実は新聞にも求人欄があります。

掲載されたその日に確認することができるので、すぐに行動をすれば誰よりも早く応募することが可能ですし、

また、定期購読している人が限られていることから、特化したジャンルへの求人情報が載っていることも多くあります。

折り込み広告などの求人は、ネット掲載と同時にされていますので、こちらもタイムリーに応募をすることが可能です。

折り込み広告は定期購読をしていない場合は、ネット掲載を確認しましょう。

 

 

ネットの求人サイト

インターネットの求人サイトは、かなり充実してきました。たくさん契約社員に関するの求人が載っていて内容もとても豊富です。

一昔前は新聞の折り込み広告でしか確認できなかった求人もいまはネットで確認できますね。

気軽に応募できるのも特徴です。

ですがその弊害なのか、面接を無断でキャンセルする傾向が多いようです。

応募をする際は、丁寧なやり取りを心がけること印象よく進めることが可能です。

 

 

求人情報誌

求人情報誌は、本屋さんやコンビニ、ファーストフード店に無料で置かれていることが多く、自由に手に取ることができます。

配布日もそれぞれ決まっているのでその日に合わせて手に入れることができれば、応募に有利になる可能性があります。

 

 

ハローワーク

 

契約社員の求人を探している時に外せなない媒体として、てハローワークがあります。

選び方がよくわからなければ、窓口を利用すると助言が得ることも可能です。

求人検索をするために使用できるパソコンも完備されており、活用することも可能ですし、掲示してある求人情報もあります。

ハローワークは応募をする側の企業も無料で使うことができ、ネット掲載も可能なことから、根強く支持されている媒体です。

また、拠点ごとの応募になることから、働く地域ごとに見つけることも可能です。

 

転職支援サービス

転職支援サービスとは、能力や仕事での実績、勤続経験などの今までの情報と、

希望職種や勤務条件などのこれからの希望を事前に登録しておくことで

条件にあう転職支援サービスを利用することができるというものです。

アドバイザーが書類の作成から面接、入社までをサポートしてくれるので、

求人を探すのは大変で困っている場合など、利用してみるのもお勧めです。

 

 

まとめ

契約社員の求人を探す方法も、様々なアプローチでがあります。

よりよい求人を見つけるためにも、

使いやすく、安心できる自分に合った方法を採用しましょう。

-転職・退職

Copyright© BizChang~失敗は成功の素~ , 2018 All Rights Reserved.