転職・退職

退職日を決める為のポイントとは

更新日:

円満退職をするならば、退職日を決める際にも気を付けたいポイントがあります。

同じ業界に転職するときにはもちろんの事、仕事のつながりで、

転職前の会社の人たちと一緒に仕事をするということもよくあります。

ちょっとしたポイントを気を付けるだけで、円満退職ができる可能性が高くなります。

今回はそんなちょっとしたコツと当たり前だけどきちんと把握しておきたいことをご紹介します。

退職後の税金の支払いとその手続き方法とは

退職後の税金についてどのくらい知っていますか?20代前半に離職した同僚がまとめて10万円以上の請求がきたと頭を抱えていたことを思い出します。 在職中は納付の手続きは基本的に会社側がしてくれています。給 ...

続きを見る

退職日とは一体いつなのか

実際に退職日を決める時、「退職日とは一体いつなのか?」と疑問に思う方も多いと思います。

一般的に退職日とした場合「会社の社員では無くなる日」のことです。

よく、「最終出勤日」と勘違いされる場合がありますが、

最終出勤日はあくまで「会社へ出社する最後の日」のことで、

退職日を迎えるまではその会社の社員ですので、注意してください。

そして、退職日を決定する時に気を付けてほしいポイントがあります。

 

今かかえている案件や仕事の忙しい時期やキリが悪い時期ではありませんか?

 

こういった時期に退職日が被ってしまうと、会社に迷惑が掛かってしまいます。

退職してしまえば、あなたとその仕事は関係なくなるかもしれませんが、

一緒に仕事をしていた人たちにとても負担がかかってしまうかもしれません。

退職をした後も、一緒に仕事をする機会があるかもしれませんし、

同じ業界であれば、また会うこともあるかもしれません。

だからこそ、しっかりと引き継ぎをし、会社に迷惑が掛からないように

気持ちよく終われるようにすることが大切だと思います。

退職日の決め方

退職日を決めるとき、どんなことを気を付ければ、

どんな予定で行動をすれば、円満退職が可能になるでしょう?

人一人退職することになると、

企業側としては会社の機能が滞らないような手配が必要になりますので。

1カ月前にはやめる話をする必要があります。

退職までの予定は、できるだけ周りに迷惑がかからないようにしましょう。

金銭面からの検討もとても大切です。

退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。

その他にも税金や国民健康保険、年金などの手配が必要になります。

もしも、把握していないようでしたらチェックしてください。↓↓↓

 

退職後の健康保険の手続き方法とは

退職を決めた後、必ずチェックしなくてはいけないのがお金の事、 税金、健康保険、年金のこと、 きちんと把握していますか? 忘れていたじゃすまないこともあります。 とても大切なことです。チェックを忘れずに ...

続きを見る

 

そして、忘れてはいけないのは有給休暇のこと、

上司と相談し、残り日数なども考慮し退職日を相談しましょう。

その時の状況にもよりますが、退職の1か月前から引き継ぎが始まります。

引き継ぎをしっかりすることも、円満退職をするためにはとても大事です。

後に仕事を引き継ぐ人が分かりやすいようにファイルをしたり、

資料作成をしたりすることもあるでしょう。

パソコンのデータの整理も分かりやすいようにしておきましょう。

取引先とのつながりがある場合のあいさつも忘れてはいけません。

取引先に後任者を連れてあいさつに行くことも重要です。

次に働く職場で、自分自身が働きやすくするためにもきちんとしておきましょう。

 

まとめ

今回は簡単にポイントをまとめています。

転職をする場合は、可能な限り円満退職をすることで、

次への仕事のステップにもなりますし、大切な人脈づくりにもつながります。

退職する事情は人それぞれありますが

円満に終わりにしたいと思ったときは、きちんとあいさつや気遣いが大切です。

 



-転職・退職

Copyright© BizChang~失敗は成功の素~ , 2018 All Rights Reserved.